Just another WordPress site

未経験者が強い

飲食求人は未経験者が強い

飲食業界は常に求人を行っています。それは出入りがとても激しいため、求人は常に出ている状態なのです。特に飲食業界は他の業種に比べて、給料が悪いわけでもありませんので、正社員として働いたとしてもデメリットが非常に大きいと思うことはありません。

飲食はきつい、というイメージがありますが仕事を覚えるまでが大変なだけであって、仕事を覚えてしまうと働くことに対しての忙しさはそこまでではありません。経験がないとしても、ある程度飲食の仕事は決まっているものが多いので、覚えるべきことも実はさほど多くはないのです。

よく未経験者歓迎という言葉が、特に飲食業界では出て回りますが未経験者の方が経験者に比べると変な色に染まっていないため、その会社や飲食店の仕事を覚えやすい、ということがあげられます。従って、経験がないからと言って求人を敬遠することは余り好ましくはありません。むしろ、飲食で働き手が枯渇している状態はこれまでも多々ありましたし、またこれからも常に不足している状況は変わらないと言えます。ある程度、仕事を覚えてしまうと今度は独立、といった考え方も生まれてくるからです。

経験がない方がうまく行くわけではありませんが、経験がある人の場合、その店のやり方に対して従順になることは難しいです。経験がなくても働いているうちに少しずつ仕事を覚え、そして仕事における楽しみが増えていきます。一方で経験がある人の場合は、どうしても以前勤めていた場所と比べてしまい、効率が良い方法や前の店でのやり方を持ち込もうとしてしまいます。確かに一概にそれが悪いとは言えま
せんが、そうなるとその店での効率は無視されてしまいます。

つまり、未経験者の強みはそこにあるのです。何色にも染まっていないために、言い方は悪いかもしれませんが、その店の色に染めやすいのです。
飲食は対人の職種です。接客が主なので、基本的には来てくれた方に対してどのようなもてなしをするかを心掛けることが大切です。そうすると未経験者であろうと経験者であろうと、行き着くところは変わらないわけです。いかにして来てくれた人を楽しませるのかを考えることが、大切です。

飲食業で培ったことは社会に出ても役に立ちます。人に対して配慮することが可能になります。スキルもまた、家庭内でも使用可能ですから、あまり悪い部分はないのです。そう考えると、飲食に携わることは大きな経験として活用できることが分かります。